施工方法

遮水シート同士の接合は、熱融着、熱熔着(バーナー溶着)、接着剤等が用いられているが、遮水シートの場合は主に熱融着工法で行われている場合がほとんどです。

熱融着工法として、

・遮水シートの接合部間に熱を加えながら遮水シートを圧着する方法(手動熱風融着、熱ゴテ式融着、熱風ノズル式融着)

・遮水シートの接合部に熱を加え溶かした樹脂を加え一体化する方法(押出し式溶接)

が主に用いられています。

熱ゴテ式融着、熱風ノズル式融着の現場での品質検査は、ダブルシーム方式(下図参照)の検査孔を用いた加圧検査を実施するのが一般的です。

ダブルシーム断面例

 

押出し式溶接の現場での品質管理は容器方式負圧検査(負圧検査)を実施します。

 

次にそれぞれの接合方法について詳しく説明します。

・手動熱風式融着   詳しくはこちら⇒

・熱ゴテ式融着    詳しくはこちら⇒

・熱風ノズル式融着  詳しくはこちら⇒

・押出し式溶接    詳しくはこちら⇒